ホーム

ブログ

聖書研究

XOOPSとは?

写真

質問掲示板
Ota-Queen.net - 福音のためのCMS
11 30

XOOPSを久々にさくらインターネットのサーバーにインストールしようとしたら
インストールの最後の方でテーブル作成が失敗する。
あるいはモジュールのインストールが失敗する。
原因はMySQLのバージョンが5.5になってしまったこと。

XOOPSインストールの場合は
installフォルダの次のファイルのSQLを書き直せば解決
下記ファイルを修正することで問題が解消します。
install/sql/mysql.structure.sql
TYPE=MyISAM  → ENGINE=MyISAM

モジュールの場合は、各モジュールのフォルダの中の、sqlフォルダにあるsqlファイルをエディタで開き、
TYPE=MyISAM  → ENGINE=MyISAM


カテゴリー: - OtaQueen @ 10時25分11秒

09 08

これはいいですね
http://itra.jp/jquery_socialbutton_plugin/


カテゴリー: - OtaQueen @ 22時02分52秒

08 08

xoopsのgnaviモジュールで、地図の横幅が100%に表示される筈が、テーマによって狭くなってしまうことがあります。そのときは、gnavi.cssを変更すれば、100%で表示されます。

変更する場所は、
195行目にwidth: 100%;を追加
.gn_outer {
border: solid 1px rgb(204, 204, 204);
border-collapse: separate;
margin: 4px 4px 4px 2px;
width: 100%; ← 追加
}

navi.css の230行目、.gn_oddから「width:70%」を削除
.gn_odd { padding:2px 2px 2px 5px; text-align:left; background-color:#efefef; }

これでちゃんと横幅一杯の地図が表示されます。


カテゴリー: - OtaQueen @ 07時04分00秒

11 04

XOOPS Cube Legacy2.2.0
が出ていますが、試しにインストールしたら、
つまり、今までと同じように、普通にインストールしたら、英語だけだし、
よく説明書読んでとりあえず日本語でインストールしなおしたら、
何故か文字化け。

これまでずっとXOOPSを使ってきたユーザーがインストール出来ないってどういうこと???
これじゃ、XOOPS初めての人は絶対インストール出来ない。
というか、まだOtaもインストールできずにいる。
もっとよくわかる説明書プリーズ!


カテゴリー: - OtaQueen @ 22時41分55秒

09 08

xoops_trust_path に uploads/fckeditor フォルダを作ってパーミッションを 777 にしておくと、
FCKeditorリンク挿入から PDF ファイルをアップロードすることができます。
でも、リンクをクリックするとすぐダウンロードされます。
クリックするとブラウザで見る事ができるようにはできません。
XOOPS_TRUST_PATHですから、URLを書けないのは当たり前ですよね。
でもすぐダウンロードさせるんならこれでOKです。


カテゴリー: - OtaQueen @ 11時15分11秒

09 01

「使いたいテーマでFCKeditorが表示されない!」
というお問い合わせをいただきました。
XOOPSのデフォルトテーマでは表示されるので、どこが問題なのか見てみたところ、
テーマファイルのindex.htmlヘッダーの<meta>情報に違いがあるように思いました。
表示できないのは、javascript の読み込みの記述がされていないためだとわかったので、
CubeDefaultのテーマのヘッダーを丸ごと上書きしたら、うまくできたみたいです。
よかったですね。


カテゴリー: - OtaQueen @ 22時08分06秒

08 16

XOOPS入門書を選ぶときは、「XOOPS Cube

    」と「Cube」がついているのを選んでください。

    以下アマゾンでピックアップしてみました。


カテゴリー: - OtaQueen @ 08時07分21秒

07 01

XOOPSサイトを簡単に多言語化する方法が載っています。
http://xoops.peak.ne.jp/md/mydownloads/singlefile.php?lid=50&easiestml_lang=xlang%3Aja

,海海らThe Easiest Multi-Language Hack (EMLH) 1.31 をダウンロードして解凍します。
◆easiestml」というフォルダが作成されます。その中の、「easiestml.php」をXOOPSをインストールしたディレクトリのフォルダ「include」の中に入れます。
mainfile.phpを開いて、XOOPS_URL定義行の直後に、
require XOOPS_ROOT_PATH.’/include/easiestml.php’ ;
と記述します。
て本語と英語の切り替えボタンを用意し、それぞれ、japanese.gif english.gif と名前をつけ、
 XOOPSインストールフォルダのimageフォルダに置く。

あとは、タイトルでも、本文でも、投稿するときに、
[ja] タグで挟んで日本語を書いておく [/ja]
[en] 英語の部分はこのタグに挟んで書いておく[/en]

のようにして投稿しておけばOK
日本語と英語の切り替えは、
テーマでもいいし、どこでもいいのだけど、[mlimg]というタグを貼り付けるだけで、言語の切り替えリンクが表示されるようになってます。

テーブル全体を[ja][/ja]などで挟んでもうまく表示できないので、
セルの内容に言語切り替えの記述をしなくてはいけないみたい。


カテゴリー: - OtaQueen @ 07時55分25秒

05 28

くるすさんからbulletinの新着記事ブロックのタイトルのあとに、
new! を表示させる方法を質問されましたので、お答えします。

まず、記事タイトル一覧のブロックのテンプレートを開きます。
テンプレート名は、bulletin_block_new.html
上から13行目ぐらいの
(< {$story.date}>) ← ここ
の部分を次のように直します。

(< {$story.date}>)  →   (< {$story.date|xugj_date}>)
とします。


カテゴリー: - OtaQueen @ 22時05分10秒

05 19

くるすさんからも何度かご質問して頂いておりましたが、やっとまとめる時間が与えられましたので、
改めて方法をご説明します。

方法は、XUGJ (xoops users group Japan) のサイトで説明されています。
,泙此http://www.xugj.org/modules/d3forum/index.php?topic_id=127のページの中程のPHPコードを、
 ドラッグ&コピーします。

< ?php
/**
* Smarty plugin
*/
      .....途中省略 .....

?>

⊆,EUC文字コードが使えるエディタ、terapadとか、ezhtmlとか、Macならmi とかを開いて、
 今コピーしたコードをペースとします。
このphpコードを「modifier.xugj_date.php」という名前を付けて保存します。
な歛犬靴拭modifier.xugj_date.php」をサーバーに転送します。
 保存する場所は、class/smarty/plugins/modifier.xugj_date.php です。
セ箸なは XUGJ にも書かれていますが、下のコードをテンプレートに書きます。

・’Y-n-j’形式の日付と一緒にNewマークを出したい < {$news.date|xugj_date}>
・’n月j日’形式の日付と一緒にNewマークを出したい < {$news.date|xugj_date:"n月j日"}>
・’n月j日’形式の日付だけが欲しく、Newマークは不要 < {$news.date|xugj_date:"n月j日":"":""}>
・’n月j日’形式の日付に、「最新」(24時間以内)「新着」(7日以内)というNEWマークをつけたい
          < {$news.date|xugj_date:"n月j日":"最新":"新着"}>
・日付は不要。「新着」(24時間以内)だけが欲しい < {$news.date|xugj_date:"":"新着":""}> 
・UNIXTIMESTAMP形式で割り当てられている変数があるが、時差計算がされてない
         < {$content.created_time|xugj_date:"n月j日 H時i分":"最新":"新着":false}>

Δ燭箸┐丱皀献紂璽襪離瓮縫紂爾覆匹涼罎’n月j日’形式の日付と一緒にNewマークを出したい場合は、
 表示させるブロックのテンプレートを開き(pico の_block_menu.htmlなど )、
 タイトルがリスト表示させる部分を見つけて< {$news.date|xugj_date:"n月j日"}>を書き込みます。

pico の場合は、次のようにします。
< {$content.created_time_formatted}>
 というのがタイトルの後に表示される投稿日です。ここのところを、
< {$content.created_time_formatted|xugj_date:"n月j日"}>
として書き換えてみてください。


カテゴリー: - OtaQueen @ 15時41分49秒

11 21

d3pipeなどの新着表示一覧で、日付のあとに時:分まで表示されます。日付だけにしたかったので、
XOOPSの言語定数を利用して簡単に変更しました。

d3pipeなど変更したいブロックのテンプレートを表示します。
日付を表示している部分の言語定数“MEDIUMDATESTRING”を探して、”SHORTDATESTRING”に変更すればOKです。

< {$smarty.const._MEDIUMDATESTRING|date:$entry.pubtime+$timezone_offset}>

< {$smarty.const._SHORTDATESTRING|date:$entry.pubtime+$timezone_offset}>

に変更します。


カテゴリー: - OtaQueen @ 20時32分52秒

10 17

久々にやってしまいました。
bulletinをインストールしたら画面真っ白に!
何かのモジュールと相性が悪いのかも。
何をしてもまったく変化なし。

結局データベースを直接触って対処しました。
どうしようもないときは、phpmyadminしかないですね。
まず、phpmyadminを起動して、データベースのテーブルで、
インストールしたモジュールのテーブルを探して、全部削除。
次にモジュールリストのテーブルを探して、(****_modules)
その中のリストの中から(たぶん一番下になっている)該当のモジュールのレコードを
削除。
めでたしめでたし、元に戻りました。
よかったぁ。


カテゴリー: - OtaQueen @ 22時59分21秒

07 29

新しいサイトを立ち上げていたところ、
久々に真っ白画面に遭遇しました。
pico1.82dをインストールしたところ、投稿画面が真っ白。
(つまりコンテンツ追加で真っ白になってしまう)

理由がよくわからないので、今まで安定して使っていた、
pico1.8にしてみたところ解決。

1.82dは前に使っていて問題なかったのですが、
Legacyのバージョンとの相性でしょうか。
ちなみにLegacyは2.1.8です。


カテゴリー: - OtaQueen @ 23時13分09秒

07 01

XOOPSの投稿画面で音声ファイルなどをアップロードしたいとき、
管理画面の一般設定でファイルの容量を大きくしても、
phpの制限で、2MBまでしかアップロードできません。

さくらインターネットはこの制限をコントロールパネルから変更できることができます。
メモリーの上限は128Mとなっていましたので、アップロードできるファイルの最大を128Mにしてみました。
これならちょっとした動画もアップできますね。

やり方

,気らのコントロールパネルにログイン
∈犬離瓮縫紂爾如◆擅陦茖陲諒埆検曠螢鵐をクリック
F力欄に次の二行を入力します。

upload_max_filesize=128M
post_max_size=128M

php編集 さくらのコントロールパネル

以上で完了です。

 


カテゴリー: - OtaQueen @ 10時17分02秒

12 14

fckeditorで入力すると、Enterごとに<p></p>が挿入されてしまい、
行間が開きすぎてしまいます。
Wordなど普通のワープロの改行のイメージと違って、使いにくいとお感じなる方が多いのではないでしょうか。

普通の改行にしたいときはShift+Enterで普通の改行である
<br>が埋め込まれるのですが、
いつもこのように<p>ではなく<br>を埋め込むには次のようにfckeditorを改造します。

サーバーのxoopsトップで、

common、 fckeditor フォルダの fckconfig.js ファイルの中の

FCKConfig.EnterMode = ‘p‘ ; // p | div | br
FCKConfig.ShiftEnterMode = ‘br’ ; // p | div | br

のところはEnterキーと、Shift+Enter のキーの動作を定義するところなので、
Enterキーで
を埋め込みたいときは

FCKConfig.EnterMode = ‘br‘ ;

と変更します。
あとは記事を投稿するときに
・HTMLを有効にする、にチェックをはずすことと、
・改行を自動挿入する、のチェックをはずします。

このようにするとエディターで入力したのと、
同じようなイメージの記事が投稿できますよ。


カテゴリー: - OtaQueen @ 09時06分56秒

12 03

データベースモジュール Waffle は素晴らしくよくできたデータベースですが、
htmlのところがうまくいかず困っていました。
データを登録しても表示されなかったり。

登録後編集でデータを確認しましたら、
<a href="filename”>・・・
と記述したはずなのに、
<a href=/“filename/”>・・・
のように"の前に / が表示されています。

なので  を使わないで記述するとうまくいきました。
<a href=filename>・・・

一件落着です。

 


カテゴリー: - OtaQueen @ 09時44分57秒

07 18

eguideはイベント案内に申込フォームがひっついたとっても便利なモジュールですが、
fckeditorを使う方法が出ていました。

 

 

http://myht.org/modules/d3forum/index.php?topic_id=313#post_id1053


@@ -128,14 +128,28 @@ </p> <{/if}> </fieldset><h3><{$smarty.const._MD_INTROTEXT}></h3>-<{$summary_textarea}>+<script type=\"text/javascript” src=”<{$xoops_url}>/common/fckeditor/fckeditor.js”></script> +<script type=\"text/javascript”> +function fckeditor_exec(target, width, height, url) { +	var area_width = width; +	var area_height = height; +	var xoops_url = url; +	var oFCKeditor = new FCKeditor( target, area_width, area_height, “Default” ); +	oFCKeditor.BasePath = xoops_url + “/common/fckeditor/”; +	oFCKeditor.ReplaceTextarea(); +} +</script> +<textarea id=\"summary” name=\"summary”><{$summary|escape}></textarea><h3><{$smarty.const._MD_EXTEXT}></h3> <textarea name=\"body” wrap=\"virtual” cols=\"60″ rows=\"10″><{$body}></textarea> +<script> +fckeditor_exec(\"summary”, “100%”, “350″, ”<{$xoops_url}>\"); +fckeditor_exec(\"body”, “100%”, “350″, ”<{$xoops_url}>\"); +</script> -<h3><{$smarty.const._MD_EVENT_STYLE}></h3> -<{$input_style}> +<input type=\"hidden” name=\"style” value=\"0″ /> <h3><{$smarty.const._MD_RESERV_SETTING}></h3> <div><input type=\"checkbox” name=\"reservation” value=\"1″<{if $reservation}> checked<{/if}>/> <{$smarty.const._MD_RESERV_DESC}></div> <div>


カテゴリー: - OtaQueen @ 09時51分28秒

02 17

XOOPS Cube2.1.6がリリースされていましたので、
アップデートしました。
管理を任されているサイトでいきなりするわけにはいかないので、
Otaのサイトで実験!

いざダウンロードして、mainfile.php と installフォルダを除いて、
一気に上書きアップロード・・・
管理画面のモジュール管理で、赤くなっているボタンをクリックして、
アップデート。

よかった〜、無事アップデートできました。

何が便利になったって、Altsysのブロック管理でブロック表示の右に、
ユーザーグループ権限のウインドウが設置されたことですね。
本当に便利になりました。


カテゴリー: - OtaQueen @ 18時47分01秒

12 17

OtaQueenのサイト、立ち上がりがあまりに遅いので、色々試してみましたが、
効果ありません。新着表示にd3pipeモジュールを使っていたのですが、
それをアンインストールしてみました。
気のせいか早くなった気がしています。(気のせいか?)

でも、d3pipeはお手伝いしたサイトでも使っているのですがねぇ・・・
負荷の大きいサーバーに運悪く当たってしまったのかと考え、
お引っ越しも3度もしました。 何とかの顔も3度までと言いますが、
もうしません。お引越し!

サーバーは関係なかったようです。 :oops:

とりあえず、これで様子を見てみましょう。


カテゴリー: - OtaQueen @ 16時20分40秒

10 09

Coreserverにお引越ししたばかりですが、さくらインターネットにお引越ししました。
Coreserverの年間5000円で15GB、大容量高速というのに惹かれたのですが、
いざ使ってみたら、なぜか表示が遅くて。
ハードユーザーと同じサーバーになってしまったのかもしれませんね。

ということで、普段自分がお勧めだよ、と言っていた、
さくらインターネットにお引越ししました。
サーバーのデータをすべてダウンロードして、
データベースをインポート。

無事引越しできました。
表示速度はいかがでしょう? :roll:


カテゴリー: - OtaQueen @ 14時59分17秒

09 22

bulletin2などのニュースモジュールへのコメント投稿が少し面倒だとお感じになったことはありませんか?
CommmentAnyモジュールは、ブログモジュールのように、コメントを手軽にしていただくため、
コメント投稿欄を記事のすぐ下に表示させるためのモジュールです。

配布は

http://xoops.peak.ne.jp/md/mydownloads/singlefile.php?lid=52

です。


カテゴリー: - OtaQueen @ 06時50分05秒

06 24

XOOPS LEGACY 専用のシンプルなデータベースをダウンロードして使ってみました。
並び替え、複数条件による抽出ができます。

ダウンロードサイトは
http://flatdata.neverever.xrea.jp/

です。データのインポート機能はまだ無いようですが、
エクセルでcsvデータを作成しphpMyAdminで直接データベースにインポートできます。
エクセルではこんなデータテーブルにします。

通し番号 データ ユーザーID  登録日
[field1][/field1][field2][/field2][field3][/field3]・・・ 1
[field1][/field1][field2][/field2][field3][/field3]・・・ 1

[field1]データ[/field1][field2]データ[/field2][field3]データ[/field3]・・・
というのがflatdataにインポートさせるデータ形式です。このようにデータを作って
直接データベースに書き込みます。

エクセルからCSVにして、その後エディタなどでEUCコードに変換して別名で保存し、
phpMyAdminでEUCで読み込んだらうまくいきました。

しかし、最初からうまくインポートできたわけではなく、文字化けの解決に散々試行錯誤しました。
それで配布元のフォーラムに何度かご質問させていただき、助けていただきました。
開発者wyeさんの丁寧なお返事、心から感謝です。
そのスレッドは
http://flatdata.neverever.xrea.jp/modules/forum/index.php?topic_id=18
にあります。


カテゴリー: - OtaQueen @ 19時53分00秒

06 12

大変便利なfckeditorですが、XOOPS版では画像をアップロードできるのは管理者権限を持ったユーザーだけです。

一般ユーザーにも画像アップロード権限をつけたかったので、

http://www.xugj.org/modules/QandA/index.php?topic_id=331

に掲載されている方法でやってみたのですが、この作業方法はもう古いみたいでうまくいきませんでした。
そこで次のようにしてみました。

common/fckeditor/editor/filemanager/browser/default/connectors/php
下の
config_and_auth.inc.dist.php
を、
config_and_auth.inc.php
という名前にコピーしてから、

その53行からを

 // check canupload
 $fck_canupload = true ;
 // if( ! $fck_isadmin ) {
 //          $fck_canupload = count( array_intersect( $xoopsUser->getGroups() ,
                                $fck_uploadable_groups ) ) > 0 ? true : false ;
 // }

のように直したらうまくいきました。


カテゴリー: - OtaQueen @ 16時54分15秒

06 05

spawエディタと並んで便利なfckエディタ。
xoopsのpico、bulletin、tinyD などで使用できるはずなのに、
動かなくて困っていました。

原因は、簡単! この fckエディタ、 ダウンロードしたときのフォルダ名が 

FCKedhitor” となっていました。(どこのサイトからダウンロードしたんだったっけ???)
 しかし、これではpico bulletinは認識しないんです。
fckedhitor” とするだけで、動くようになります。

なぁ??んだ! という感じです。
spawと大きく違うのは、
全画面編集モードがついていること。

広々した編集画面がいいですね。 


カテゴリー: - OtaQueen @ 11時39分58秒

05 31

便利な辞書モジュールxwordsはXCL(XoosCubeLegacy)で使えないと思っていましたが、このモジュールを配布している「かんぴょう」さんで次のようにすれば使えると出ていたので、試してみました。

XCLにXWORDS0.46を

インストールして
/module/xwords/class/xwords.textsanitizer.php
の 
47行目 
function XwordsTextSanitizer()
{

}
を 
//function XwordsTextSanitizer()
// {
// }

試してみたところ、動きました。XCLで互換性が無いモジュールと言われていましたが、一箇所訂正すれば使えるようです。


カテゴリー: - OtaQueen @ 21時26分37秒

05 29

wordpressの記事一覧はとても便利ですが、画面が壊れるときがあります。

あるサイトの原因を調べてみたら、記事一覧を表示するためのnkarchives.php というファイルのPHPコードが次のようになっていました。

<td id="centercolumn”>
  <div id="content”><div id="rap”>
 <h2 id="header”><a href="ワードプレスのurl”>ブログ名</a></h2>
 <div id="wpMainContent”>
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

上の<h2 id="header”>のところは記事一覧を表示したときの上のほうに出るタイトルですが、この id="header”headerが、さいと全体のthemeのタイトル部分としてCSSにwidth定義されていたのでおかしくなったようでした。

そこで<h2 id="header”>を<h2 >という風に id="header” をとってしまったら、画面は壊れずに表示できました。

壊れてうまく表示できないとき、一度お試しください。


カテゴリー: - OtaQueen @ 10時06分36秒

90 queries. 0.343 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

カテゴリ一覧
最近のコメント

 Comment RSS
モジュール実験場
月別タイトルログ
オンライン状況
5 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ブログ(wordpress) を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 5

もっと...
アクセスカウンタ
今日 : 2424
昨日 : 5252
総計 : 159982159982159982159982159982159982
平均 : 3636
  ホーム  |   写真  |   ヘッドライン  |   リンク  |   サイトマップ  |   QABBS  

福音のためのXOOPS
Theme designed by OCEAN-NET