ホーム

ブログ

聖書研究

XOOPSとは?

写真

質問掲示板
Ota-Queen.net - 福音のためのCMS
03 10

辞書モジュールxwordの辞書のインデックスは、アルファベットと五十音になっています。
これを別のインデックスにしたい時、たとえばギリシャ文字とかヘブル文字とかにする場合は、
xword/language/japanese/letter_format**.php  **は01〜11まで

を修正します。**のところは、xwordの一般設定で選んだインデックスによって変わります。


カテゴリー: - OtaQueen @ 07時32分57秒

03 10

xwordという辞書モジュールを最近また使っています。
XCLで動かすための手立てはずっとまえにブログに書きましたが、
今回はカテゴリー登録ができない、モジュールのバグの対処方法を
ググッていたところ、解決策を書いたサイトを発見

http://f29.aaa.livedoor.jp/~snaka/PukiWiki/PukiWiki.php?XOOPS%2FXWords%A4%F2XoopsCube%A4%C7%C6%B0%A4%AB%A4%B9

リンク切れになってしまうと困るので、転載させていただきます。
xwords/admin/entry.php の 120行あたり(Category selectorを作っているところ)

if ($xoopsModuleConfig[’multicats’] == 1)
{
$mytree = new XoopsTree( $cat_table, “categoryID” , “0″ );

ob_start();
- $sform -> addElement( new XoopsFormHidden( ‘categoryID’, intval($categoryID) ) );
+ //$sform -> addElement( new XoopsFormHidden( ‘categoryID’, intval($categoryID) ) );
$mytree -> makeMySelBox( “name”, “weight”, $categoryID );
$sform -> addElement( new XoopsFormLabel( constant("_AM_{$MYDIRNAME}_CATNAME"), ob_get_contents() ) );
ob_end_clean();
}


カテゴリー: - OtaQueen @ 07時24分59秒

11 21

d3pipeなどの新着表示一覧で、日付のあとに時:分まで表示されます。日付だけにしたかったので、
XOOPSの言語定数を利用して簡単に変更しました。

d3pipeなど変更したいブロックのテンプレートを表示します。
日付を表示している部分の言語定数“MEDIUMDATESTRING”を探して、”SHORTDATESTRING”に変更すればOKです。

< {$smarty.const._MEDIUMDATESTRING|date:$entry.pubtime+$timezone_offset}>

< {$smarty.const._SHORTDATESTRING|date:$entry.pubtime+$timezone_offset}>

に変更します。


カテゴリー: - OtaQueen @ 20時32分52秒

11 12

スパムコメント対策として画像認証モジュールを組み込んだ後、
投稿しようとすると確認画面に移って、上部に

‘Token Error’

と出てしまいます。
そのまま無視して投稿するとちゃんとできるのですが、
できればこの表示はなくしてしまいたいですね。

プログラムを調べて直そうと思ったのですが、
見つけられなかったので、

‘Token Error’ のメッセージを変えて利用しちゃえと思って、
‘スパム投稿防止のため画像を入力してください’
みたいに書き換えました。

めでたし、めでたし、親切なメッセージになりました。
変更する場所は
WWW/include/comment_post.php の103行目です。

// — xoops token —
$token_error = null;
if ($op == ‘post’) {
if ( !xoops_confirm_validate() ) {
$op = ‘preview’;
$token_error = ‘Token Error’; ← ここ
}

文字コードをEUCで保存するのを忘れないでくださいね。
せっかく日本語に変更しても文字化けしちゃいますからね。


カテゴリー: - OtaQueen @ 09時20分09秒

10 17

久々にやってしまいました。
bulletinをインストールしたら画面真っ白に!
何かのモジュールと相性が悪いのかも。
何をしてもまったく変化なし。

結局データベースを直接触って対処しました。
どうしようもないときは、phpmyadminしかないですね。
まず、phpmyadminを起動して、データベースのテーブルで、
インストールしたモジュールのテーブルを探して、全部削除。
次にモジュールリストのテーブルを探して、(****_modules)
その中のリストの中から(たぶん一番下になっている)該当のモジュールのレコードを
削除。
めでたしめでたし、元に戻りました。
よかったぁ。


カテゴリー: - OtaQueen @ 22時59分21秒

12 03

データベースモジュール Waffle は素晴らしくよくできたデータベースですが、
htmlのところがうまくいかず困っていました。
データを登録しても表示されなかったり。

登録後編集でデータを確認しましたら、
<a href="filename”>・・・
と記述したはずなのに、
<a href=/“filename/”>・・・
のように"の前に / が表示されています。

なので  を使わないで記述するとうまくいきました。
<a href=filename>・・・

一件落着です。

 


カテゴリー: - OtaQueen @ 09時44分57秒

07 18

eguideはイベント案内に申込フォームがひっついたとっても便利なモジュールですが、
fckeditorを使う方法が出ていました。

 

 

http://myht.org/modules/d3forum/index.php?topic_id=313#post_id1053


@@ -128,14 +128,28 @@ </p> <{/if}> </fieldset><h3><{$smarty.const._MD_INTROTEXT}></h3>-<{$summary_textarea}>+<script type=\"text/javascript” src=”<{$xoops_url}>/common/fckeditor/fckeditor.js”></script> +<script type=\"text/javascript”> +function fckeditor_exec(target, width, height, url) { +	var area_width = width; +	var area_height = height; +	var xoops_url = url; +	var oFCKeditor = new FCKeditor( target, area_width, area_height, “Default” ); +	oFCKeditor.BasePath = xoops_url + “/common/fckeditor/”; +	oFCKeditor.ReplaceTextarea(); +} +</script> +<textarea id=\"summary” name=\"summary”><{$summary|escape}></textarea><h3><{$smarty.const._MD_EXTEXT}></h3> <textarea name=\"body” wrap=\"virtual” cols=\"60″ rows=\"10″><{$body}></textarea> +<script> +fckeditor_exec(\"summary”, “100%”, “350″, ”<{$xoops_url}>\"); +fckeditor_exec(\"body”, “100%”, “350″, ”<{$xoops_url}>\"); +</script> -<h3><{$smarty.const._MD_EVENT_STYLE}></h3> -<{$input_style}> +<input type=\"hidden” name=\"style” value=\"0″ /> <h3><{$smarty.const._MD_RESERV_SETTING}></h3> <div><input type=\"checkbox” name=\"reservation” value=\"1″<{if $reservation}> checked<{/if}>/> <{$smarty.const._MD_RESERV_DESC}></div> <div>


カテゴリー: - OtaQueen @ 09時51分28秒

06 29

掲示板やメール、コメントにロボットから送られるSPAMメールの対策に、
画像認証を使ってみることにしました。
ダウンロードページ

画像認証モジュールに対応しているモジュールは、
- xoops_comment ハック版 of XOOPS Cube 2.0.16a JP
- liaise 1.26 ハック版
- newbb 2.02 ハック版
- wbelinks 1.40
などですが、このサイトの質問掲示板のbluesbbも対応しているので、
ハック版をインストールしてみました。
今までログインしないと質問や返信ができませんでしたが、
ゲストも投稿できるようになります。

でもおなじみの皆様はぜひ今後もログインして
投稿してください。


カテゴリー: - OtaQueen @ 08時19分01秒

04 20

イベントの案内と、予約申し込みを受け付けモジュール
eguideを試してみました。
モジュール実験場にありますので、
どうぞお試しください。

イベントは「うそ」ですので、
お申し込みいただいても、お受けできませんので、
あしからず :mrgreen:


カテゴリー: - OtaQueen @ 10時06分02秒

03 10

ヘッドラインモジュール XHLDをインストールしました。
お手伝いをしたサイトの新着表示に使っているのですが、
自分のサイトにも入れてみました。

d3pipe のヘッドラインモジュールと違い、
権限の無いモジュールの新着表示はされないので、
新着表示をクリックして、権限がありません、
と言われることはありません。

これがd3pipeと大きく違うところです。

複製はいくつまでだったかな?
可能です。


カテゴリー: - OtaQueen @ 18時07分02秒

03 09

写真集のモジュールWebPhotoをインストールしてみました。
左のメニューからお試しください。

頻繁にアップデートされており、
いつまでたってもα版、です。

大変高機能なので、メニューが多く画面が複雑です。
自分用の写真整理には有益ですが、
公式サイトのような、写真集として使うならば、
使わない機能はバッサリ表示しないようにするなど、
テンプレートの改変が不可欠みたいです。

今はやりのポップアッププラグインが使われています。
1枚だけだといいんですが、
2枚、3枚と選択すると、
パソコンが固まってしまう現象が発生。

今後に期待したいです。
どんどんバージョンアップしており、
目が離せないモジュールです。


カテゴリー: - OtaQueen @ 09時30分06秒

10 16

質問掲示板専用モジュール、CQAをインストールしました。
質問回答に特化していて、とてもわかりやすいです。
まだα版(開発途上)なので、誤作動したりバグがあるか心配でしたが、
そのあたりは大丈夫みたいです。

新しい質問掲示板、どうぞよろしく。試しに今までの投稿を入れてみました。
旧掲示板は大切な財産ですので、このまま残すことにいたします。

CQAの配布はXOOPS Cube TOKAI さんです。

http://xc-tokai.net/modules/xhnewbb/viewtopic.php?topic_id=34&viewmode=thread

 


カテゴリー: - OtaQueen @ 08時00分43秒

09 22

bulletin2などのニュースモジュールへのコメント投稿が少し面倒だとお感じになったことはありませんか?
CommmentAnyモジュールは、ブログモジュールのように、コメントを手軽にしていただくため、
コメント投稿欄を記事のすぐ下に表示させるためのモジュールです。

配布は

http://xoops.peak.ne.jp/md/mydownloads/singlefile.php?lid=52

です。


カテゴリー: - OtaQueen @ 06時50分05秒

51 queries. 0.144 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

カテゴリ一覧
最近のコメント

 Comment RSS
モジュール実験場
月別タイトルログ
オンライン状況
1 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ブログ(wordpress) を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 1

もっと...
アクセスカウンタ
今日 : 5
昨日 : 7
総計 : 155704155704155704155704155704155704
平均 : 3737
  ホーム  |   写真  |   ヘッドライン  |   リンク  |   サイトマップ  |   QABBS  

福音のためのXOOPS
Theme designed by OCEAN-NET